So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

シー・シェパード元船長 初公判

「調査捕鯨妨害認める」という見出しの27日の読売新聞夕刊13面。

日本の調査捕鯨に対して、実力行使してまで妨害するシー・シェパード。

アディ・ギル号の元船長ピーター・ベスーン氏は酪酸入りガラス瓶を発射し、

第2昭南丸の乗組員を負傷させたという傷害罪だけを否認。

他の4つの容疑を認めた。

ピーター・ベスーン氏の発言。

「妨害は私の仕事だった。」

「いかなる人も傷つける意図はなかった。」

「(拘置所の)職員は私をとてもよく扱ってくれ、食べ物も大丈夫。アディ・ギル号で航海する方がひどい。何の不満もないが、退屈で家族が恋しい。」

「日本に連れて行かれることは予期していなかった。」

「(法廷では)正しいと信じていることを主張するつもりだ。」

「3億円の船が昭南丸に破壊されたのに、13万円の網を破壊した罪を科すのは不公平だ。」(笑)

「どんな刑でも受け入れるつもりだ。執行猶予がつけばいいが、10年にわたって拘束されても不平を言うつもりはない。」

「調査という口実で捕鯨をするのは武士道に反する。南極海は私の裏庭であり、日本にはそこで捕鯨する文化や伝統はない。」

「(今後は)家族と過ごしたい。恐らくニュージーランドに戻り、ビジネスをするだろう。」


一本、筋の通った海の男といった印象。

かつ、徹底した自由人だ。

自分のやりたいことだけをしている。

逮捕され、日本で拘留されていても、楽しんでいるような余裕すら感じられる。

自分がこの人物に対して好感を持てるのは、

個人的に捕鯨というものに何の利害も無いからだが、

日本の刑を甘んじて受け入れるという潔い姿勢だからだ。

武士道という言葉を使っているが、きっとこの人物は日本の文化が根底では好きなのだろう。

でも捕鯨は許せない。

調査と称して捕鯨をするというのは、卑怯なやり方だと思うだろう。

船をぶつけてまで妨害するのは武士道によるものに違いない。


007の映画にでも出てきそうなかっこいい形をした3億円の船、アディ・ギル号を駆る船長ベスーン氏。

かっこええやん。

捕鯨関係者の方には申し訳ないですが。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

驚愕!「新たな生物」創造可能に

5月22日(土)読売新聞11面。

「我々が作ったのは、親がコンピューターである初の生物種だ」

とは、J・クレイグ・ベンター研究所のクレイグ・ベンター博士の弁。

驚いた。

こんなにも衝撃的なニュースが、なぜ1面記事でないのだろう。

似たような(?)技術に京都大学の山中教授によるIPS細胞というものがある。

たしか皮膚細胞から自在に体の組織を作れるというものだったと思う。

他人からの臓器移植と違い、拒絶反応のない移植が可能になるらしい。

このニュースを聞いたときにも驚いた。

自分の肉体のスペアを作っておけば死なない限り、何があっても大丈夫なのか?

という風に。

しかししかし、

今度は全くの新種生物を作り出せるというのだ。




神ですか?




当然大きなリスクもあって、

病原菌を作ってのテロや、新種が研究室から漏れ出して現存する生物を絶滅に追いやるなど・・

バイオハザードというゲームの世界が現実に起こりうるわけだ。

どれほど管理やルールを徹底しても、

拡散する核技術のように、完全に抑えることは無理だろう。

核拡散やテロの次なる脅威はバイオハザード。

しかし、技術にはリスクの大きさにも引けを取らない、可能性というものがある!


神話の中の架空の生物

ヤマタノオロチ、ミノタウロス、スフィンクスなどなど・・

作ってみてくれ!ベンターさん!

しかしなんといっても、




ゴジラが一押しです!



これからの世界は、核兵器でもなく、生物化学兵器でもなく、自爆テロでもなく、

ゴジラに蹂躙されるのです!

しかし悲観してはいけません。

人類史上初の、共通の敵の出現により、


世界人類は初めて一つに結束するのです。


アルカイダだってハマスだって北朝鮮だってミミズだってオケラだってアメンボだって


もうガッチリ仲間です。

人類の勇気と英知を総動員して、

共通の敵に立ち向かうことになるのです。

でも、人類の総力を持ってしてもかなわなかった、その時は、

しかたがない、

わかりました。

この命を捧げましょう。

ベンターさん。

私を



スーパーサイヤ人にしてください!



世界を救うために、私はゴジラと戦います。

相打ちになっても構わない。

世界を救って死ねるなら本望です。


世界の未来はきっと明るい[晴れ]





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

普天間移設 首相の腹案

首相の腹案は 

長崎県 海上自衛隊大村基地 

への移設と見た[目]

昨年末に週刊誌等で報道されたらしい。

小沢幹事長からの進言とのこと。

長崎なら朝鮮半島での有事への対応にも地理的に有利か。

アメリカの理解は得やすいかも。

政府は今のところ、辺野子陸上部と鹿児島県徳之島への分散、ホワイトビーチ沖埋め立てを提示。

いずれも地元住民の激しい反対と、アメリカの冷ややかな反応だ。

しかし、

鳩山首相は切り札となる案を隠し持っている。

それが長崎県の大村基地。

きっと今は地元合意を得られるように秘密裏に根回ししているのだろう。

海兵隊が来れば地元にとっては雇用の創出や国から落ちる金などメリットは多いはず。

もともと海上自衛隊基地なのだから、新たに飛行場を建設する場合と違い、漁業権等の既得権に干渉しないだろう。

騒音も現状より増えるだろうが、メリットと相殺か、おつりが来るくらいなのでは?

この腹案がうまくいった場合、政権は支持率を大幅に回復するだろう。

鳩山首相には勝算があるはず。

逆転劇をみごとに演出するためには、今はただ辛抱のとき。

地元首長との交渉で色よい返事を引き出そうとがんばっているのではないだろうか。


首相の腹案。

その真相が早く知りたい。

予想が当たるとかな~り嬉しい[わーい(嬉しい顔)]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

朝青龍お疲れ様

朝青龍 引退。

確かな力量を持ちながら、日本の文化には染まれなかった朝青龍。

粗雑な振る舞い、暴行、仮病 相撲界を騒がせ続けた。

日本という国は、地位ある者には徹底した品行方正な在りようを要求する。


相撲という「格闘技」は当然、すぐにカッとくる性質が有利なものだろう。

それでありながら頂点の横綱には、「力」と「品格」の両方が求められる。

日本の伝統である相撲界には、世間から特段に厳しい評価が下される。

日本文化を象徴するような世界で、異国の若者は「異物」として存在した。


自分の中では、過去の横綱で印象が強いのは千代の富士。

横綱に相応しい重厚感があった。


朝青龍は13日にはモンゴルへ帰国するという。

本国では英雄。

当地の新聞はみな、朝青龍に同情している様子。

絶対の人気だ。

政界への進出も視野に入れているらしい。

大統領になる事も夢ではない。

新しいステージで頑張ってください。

ドルゴルスレン・ダグワドルジ様。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

消防出初式

朝8:15集合で消防出初式。

厳しい寒気の中、予行演習を始める。

自分たちはただ立っているだけだが、

上役の人たちは出番がある。

自分たちにとっては厳しい寒さにひたすら耐えるのが大変。

式典の間、ふと思う。

申し訳ないけど、緊張感のない流れ。

きっとかつての軍隊を模倣した式典なのだろうけど、

ボランティアの集まりでは、こんなものだろう。

自分は年に一度の消防用ワイシャツとネクタイの着用を忘れたw

世界一、緊張感のみなぎる所は、

おそらく北朝鮮の軍事式典なのではないだろうか。

それがいいとは思わないが。

昨日は、全国で成人式が行われた。

いつものことだが、荒れる若者がいる。

ごく一部の、しかし目立つ存在。

彼らにとっては、式典ではなくお祭り。

楽しみたいのだろう。

でも、今だから思うのだろうか。

楽しみたければ迷惑のかからない内輪だけでやれば良い。

日本には徴兵制度があるべきだ。

18歳成人はもうじきだ。

高校を卒業したら、自衛隊に入隊。

2年くらい社会性を叩き込まれる。

大学へ行くなり、就職するなり、

そこからがスタート。

社会性あって初めて、意見を言える。

誰でも何でも言える世の中は間違っている。

そう信じて疑わない。

徴兵制、あるべきだ。

社会との関わりを強く自覚できる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

人類の進化

壮大なことを考えてみる。

人類はこの先どう進化していくのだろう。

飢え、寒さ、天敵という生存を脅かす不安がほぼ無くなった現代では、

脳の機能のかなりの部分はもう、不要なものらしい。

その代わり、おそらくは前頭前野がさらに発達して、より高い知性を持つようになるのだろう。

生命科学や脳科学、情報技術の進歩は凄まじい。

今新聞などで報道されている情報からすると10年先には

体に装着して運動をサポートする装具、

念じるだけで動かせる車イスやロボットを自在に操作し、

老化して機能低下した肉体を補うことができるようになっているはず。

きっと20年先には、

肉体のほとんどは再生可能で、健康を維持しながら寿命は飛躍的に延るだろう。

これからが本当の高齢化社会。

苫米地英人博士の著書「予見力」によれば、脳の寿命は200年。

肉体を再生しながら200年は生きられるようになりそうだ。

さらに、脳科学、情報科学のもたらすものは、

脳の記憶を外部に移植することで、意識、心、魂といったような意味の「自己」が、

半永久的に生き続けられるということ。

自分の脳以外の場所に自分がいるという感覚、どんなものだろうか。

肉体を持っていたころの5感を通して感じていた世界とは全く違う、

ネットワークで繋がった情報に欲しいときに触れる。

そんな人(もともと人だった人)が大勢生まれる。

脳とは違い、余分な機能を省いて創造的な思考だけになると、

きっと快適な気分だろう。

不安も無い。焦燥もない。疑心暗鬼もない。

煩悩から完全に開放され、

その心境は、ほとんど神に近い。

そんな人たちが一心に求めるのは、

戦争のない、飢餓のない、差別のない、環境と調和する社会。

子孫たる人類とそれをとりまく地球規模の環境との最適なあり方。

この世界を真の楽園にすることではないだろうか。

いつかはこの人たちが政治の中枢を占め、

社会をコントロールするようになるだろう。


そして地球外への進出。


自分も、肉体の寿命を全うする時、死ぬ前に外部に自己を保存したい。

悠久の時間を生き続け、

自分の子孫たちの繁栄を願い、

人類の進化と共に未知の世界を知りたい。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日米開戦の日

昭和16年の今日、日本は真珠湾を攻撃して太平洋戦争を始めた。

今日のNHKクローズアップ現代では、日本兵が身につけていた日の丸の旗を取り上げた。

太平洋戦争で戦死した日本兵は210万人。

その内、戻らない遺骨が115万柱。

おびただしい数だ。


日本兵の身につけていた遺品である日の丸が、

日本の遺族の元へ帰ることなく、米国に保存されている。

米兵が日本兵の遺体から持ち帰ってきたものだ。

米国の日の丸コレクターは、日本兵の身につけていた日の丸を200ドル程度で収集している。

日本兵の遺品を売買することには異存があるが、

コレクターの言い分では、日の丸に芸術的価値を認め、良い条件で保存しているので、

10年でも20年でも状態が変わらないのだとのこと。

それももっともだ。

保存のコストを考えれば200ドル位はかかるだろう。

問題なのは、日本に引き取り手が見つからないことだ。


日の丸には、名前や会社名、武運長久などの文字が書き込まれている。

日本兵にとっては、お守りとして家族に持たされていたものだった。

「武運長久」

この言葉に込められた想い。

家族は兵士を戦場に送り出す時、生きて帰って来いと言えなかった社会の中で、

戦場で死なせないことを願い、この言葉を日の丸に書いた。

そして多くの兵士のバンザイ突撃。玉砕。


太平洋戦争の意義は何だったのだろうか。

自分の中では「不毛な人命の消耗」「勝ち目の無いヒステリックな暴走」

という程度の認識だ。


クローズアップ現代のラストは、

戦後教育の中で、過去の戦争は悪だった。と人々の考えは切り替えられ、

過去の戦争に背を向け、向き合おうとしないまま今日まで来た。

その結果、帰る場所の無い大量の日の丸を残すことになった。

なぜ太平洋戦争が起きて、おびただしい戦死者を出すことになったのか、

深い認識がない。

という問題提起で締めくくられた。


今、大河ドラマ枠で、「坂の上の雲」が放送されている。

日露戦争の時代の日本が描かれている。

登場人物は英気溌剌として、西欧列強に肩を並べようとしている日本を象徴しているようだ。

日露戦争は多くの戦死者を出しながらも、大国ロシアに勝った。

この戦勝が当時の日本を勢いづけたものと思う。

当時の日本人にとっては戦争は国の栄達のための正義だっただろう。

列強の国々がこぞって植民地を作り、国力を増大していた。

だから日本も。

当時の日本に生まれていれば、自分も軍人に憧れていただろう。

この時代の軍人は英雄的に思える。

でも太平洋戦争の時代には生まれたくない。

惨憺たる結果を知っているから当たり前だが、

戦後教育のおかげで、太平洋戦争は侵略であり、悪だ、という歴史観がある。


戦争というものが、なぜ正義であったり悪であったりするのか。

後の人々の評価で決まる。


でも殺し合いに正義も悪もない。というのが正解なのだろう。


オバマ大統領はアフガンに3万人の増派を決めた。

およそ10万人の米兵と各国の兵力で、2011年の撤収までに成果をだそうとしている。

日本もアフガンの警察官の給料を支払うなどで貢献しようとしている。

後の時代の人々から見て、アフガンでの戦争は正義となるのだろうか。

それともただの殺し合いになるのだろうか。







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

事業仕分けによる科学技術関連予算の削減・見送りに対しての批判

文部科学省のホームページにて、意見をメールしてみた。もちろん返事などあるはずもないが、政府与党の政策判断に僅かでも影響してくれれば・・・との思いだ。

地方公務員、37歳男性です。事業仕分けによる科学技術関連予算の削減・見送りに対して、批判的な立場で意見します。先の衆議院選挙において、民主党に期待し投票しましたが、科学技術関連への国の投資に制限をかけることは自分の期待に反します。子育て・教育に力を入れる民主党の政策には賛成ですが、教育の延長にある先端科学技術の追求をやめることには大きな矛盾があります。これからの世界の情勢を鑑みるに、日本はより一層、世界最先端の科学技術を持たねばならないはず。力を抜けば中国、韓国、その他新興国に追い越され、後塵を拝することになります。事業仕分けのメンバーは、「先端技術は買えばいい」との安易な考えで望んでおられるようですが、先端技術はその国の武器になるもので、たやすく他国に譲るはずはないのです。日本はこれからも科学技術立国として、世界をリードしていく立場でなくてはならない。その立場を堅持することが、国際社会の中で経済力、発言力を維持していくための唯一の手段だと、私は信じて疑いません。同様の意見は何千通と寄せられていると思いますが、この意見を決して看過することの無いよう政府与党に要望します。貴職におかれましても、強く政府与党に対し、科学技術関連予算の全額採用を促すよう、お願い申し上げます。
 日本の将来を憂う、市役所職員より。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

先端科学失速の危機

今日の読売新聞朝刊の3面記事。

目に付く見出し。

事業仕分けで文部科学省の予算が凍結や削減へ。

日本のスパコンの性能は世界第31位とのこと。

世界一のスパコンを開発することは、日本の第一線の研究者を、

国内に引き止めるために意義あることだと思う。

先日、液晶パネルの技術者が韓国LGへ移籍したことについての記事を読んだ。

研究者、技術者なら、どの国であれどの企業であれ、最先端の研究開発ができる環境に

身を置きたいだろう。

それが研究開発に携わるものにとっての幸福であるはずだ。

ここ数年、多くの日本人研究者がノーベル賞を取った。

日本の誇りだ。

学生や子どもは憧れて目標にするだろう。


国は教育に力をいれ、学生は高いレベルの知識と発想力を身につける。

社会人となって、第一線の研究開発に関わる。

でも高性能なスパコンが国内に無い。

環境に恵まれた海外の研究者に先を越される。

そんなのはイヤだから海外へ移籍。


人的資源の流出は国の大きな損失だろう。

子育て、教育に力を入れる民主党の政策にもなじまないはず。

やはり日本は最先端の技術を追求するのが良いのでは?

「技術立国・日本」であり続けてほしい。 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スローライフを目指すオヤジ共に捧げる JAZZ

21日18:00からJAZZコンサート。

ユーカリが丘のヴァンガードにて。

職場の人たち40人ほどが入場。

JAZZを愛好する上司がなじみのメンバーと演奏する。

飲食しながらの心地よいとき。

生で聴く演奏やボーカルはやっぱり違う。


サプライズで今年還暦、退職を迎える部長へみんなから記念品贈呈。

涙ぐむ部長。

奥さんと娘さんが代わって一言。

みんなでアーチを作り3人を見送り。


2次会はバンドメンバーを交え居酒屋で。

気持ちよい一日だった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。